読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイデの雑メモ

Z/XやVGについて

規制後のデマゴアサシンについて

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。規制発表までやる事なさ過ぎてFGOで遊んでましたけれども…遂に規制発表されちゃいましたね。

それでは規制後のデマゴアサシンについてしこしこ書いていきたいと思います。

 

 

まず、デマゴアサシンのキルタイミングは初回超越時であり、これと同等の速度を安定して発揮できるデッキはデマゴアサシンの他には今のところサンクしか存在しません。

なので、規制前の環境においてデマゴアサシンの苦手とするデッキは以下の3種類が主でした。

① 初回超越というタイミング自体を無かった事にする七海ランナー

② デマゴアサシンよりもGB以前のカードパワーが高く危険なサンク

③ デマゴアサシンのコンボ自体をある程度は阻害可能なギアクロ

はい、これら3種類のデッキは今回の規制によって見事に全て撃沈しましたね。ではそれらのデッキの阿鼻叫喚の惨劇を見ていきましょう。

 

 

・ランナー

ナイトランナー1枚制限かつFV禁止。ランナーは死んだァ!!この人でなしィ!!

というわけで死体はまさしく死体になったようです。とはいえ、ちゃっぴーとかいう謎の生物が居たりなんかするので確実に死んだとは言い切れませんけどね。

 

・サンク

DAIGO竜1枚制限。

と言っても主な動きにさほどの変化は無いため、星で普通に攻め潰されるので依然として危険ではあります。ただ、今回の規制でGアシストからのサンクのCIPスキルによる間接的なトップドローの安定性が激減したので、平均的にみたデッキパワーは使い物にならないほどに落ちています。なので、更に構築面で尖らせたものが環境に這い上がってくるであろう可能性は否定しきれませんが、まぁ随分と大人しくなったと考えて良いでしょう。

 

・ギアクロ

ウルワタル制限で安定した手札洗浄ができなくなった歯車集団。

あくまでデマゴアサシンを扱う側にとって見れば、カリブム、ダーニッシュ、ラシナベル、クロノファングGなどと言った除去性能持ちのカードが一応生きているので、FVであるオルドナンツを簡単に飛ばされてソウルチャージの試行回数が格段に減少するため、手札にソウルチャージ要員を引き込む必要が有る事に変わりはなく依然としてストレスを抱えさせられてしまう状況に変わりはありません。ただ、これを解決できるカードを握っている場合には相手の除去がほぼ焼け石に水といった状態になるのでゲームエンドは目前ですね。

メラムヒストリーが元気にピンピンしているのも困りますが、ウルワタルの制限による影響は決して小さくないのできっとどうにかなるでしょう(笑)

ウルワタル抜いてギアキャット複数並べる?やめろヘテロやめろ()

 

 

 

 

 

上記のようにランナーサンクギアクロのデッキパワーがある程度抑えられた事で、デマゴアサシン以外にも多くのデッキに活躍の機会が与えられるようになると予想出来ます。

というわけで規制後環境において、個人的に「これからの活躍に期待できるかな~?」と思う面々を以下に列挙していきます。

 

・ネオネク

非常に高い防御性能とストロングパワーを両立したデッキ。

超パワーにドロー効果を乗せてみたり、相手ターン中に何故かVのパワーを上げてみたり、ノエルという名の最終兵器を叩き付けてみたりなど、デッキパワーとしては十分に高く、既に環境に躍り出てくるだけのポテンシャルは持ち合わせています。

 

・ノキエル

ブロークンハートによる非常に高い防御性能と救援コンボによる連パンを両立したデッキ。

その性能についてはいわずもがなですね。

 

・アルトマイル

基本的なキルタイミングは天元超克やブレイブランサーが中心になりますが、初回超越をキルタイミングに設定し、前のめりな運用をする事も可能です。

 

・デマゴアサシン

サンクとランナーの規制によって実質的に環境最速となったであろうコンボデッキです。コンボの決まり具合によっては初回超越でノキエルやネオネクなどの防御性能すら軽く踏み越えて6点叩き込む事ができます。

 

 

 

ここまでかなりテキトーに書いてきましたが、

現在の環境では上記に加え、ナイトローゼやジェネシスなど、様々なデッキがありますね。しかし、その全てを“相手が動き始める前にKOできてしまう”可能性を持ったデッキが何故か存在します。バグですね。

今回の規制によってデマゴアサシンのコンボ始動までの間を妨害できるデッキはごくごく僅かに絞られてしまいました。なので†闇の眷属†の皆さん、もうやりたい放題ソウルチャージして初回超越でゲームを終わらせちゃいましょう。世はまさに大暗黒時代です。それではミラー戦、お待ちしております。

 

twitter.com

サリヴァン軸デマゴアサシンの各デッキとの相性

はい、お久しぶりです。5回目のブログ投稿になりました。1ヶ月前の記事がRTラッシュ受けるのって凄い今更感ありましたけど、過ぎた事なのでどうでもいいですね。

今回は「サリヴァン軸デマゴアサシンの各デッキとの相性」について書いていきたいと思います。

 

 

が、しかしその前に「デマゴアサシン」というコンボ自体を知らない人が意外に多かったようなので、そういった方々に手っ取り早く†悔い改めて†戴く為に一応デマゴアサシンのコンボがもたらす†要求値†を下に書きます。すでにデマゴアサシンの殺傷力を知っている人は読み飛ばして貰って結構です。

 

~デマゴアサシンの要求値~

 

まず前提としてVにはデマゴーグ。左側には純愛の前にライブラリアン、右側にはクリーパーとその前衛に起動効果でパワーを増加させたデモンテッド。ソウルにアサシンが4枚あり。このターンのメインフェイズ中にソウルへ入ったカード枚数は23枚。

以上の盤面を例とします。ここからバトルフェイズに入ります。

1回目の攻撃 純愛ブーストのライブラリアンでV攻撃、パワー38000

2回目の攻撃 デモンテッドエクセキューショナーで攻撃する、そのアタックステップ開始時にソウルからエニグマティックアサシンAをライブラリアンの上に圧殺コールし自身に15000パンプ。デモンテッドにクリーパーのブーストをつけてV攻撃、パワー44000

3回目の攻撃 新たにスペリオルコールされたアサシンAで攻撃、そのアタックステップ開始時にソウルからエニグマティックアサシンBをデモンテッドの上に圧殺コールし自身に15000パンプ。アサシンはそのままV攻撃、パワー43000

4回目の攻撃 また新たにスペリオルコールされたアサシンBで攻撃、そのアタックステップ開始時にソウルからエニグマティックアサシンCを攻撃し終わっているアサシンAの上に圧殺コール、そして自身に15000パンプ。アサシンBはそのままV攻撃、パワー43000

5回目の攻撃 また新たにスペリオルコールされたアサシンCで攻撃、そのアタックステップ開始時にソウルからエニグマティックアサシンDを攻撃し終わっているアサシンBの上に圧殺コール、そして自身に15000パンプ。アサシンCはそのままV攻撃、パワー43000

6回目の攻撃 最後のアサシンDでVを攻撃、パワーは43000

7回目の攻撃 Vのデマゴーグで単騎、Vへ攻撃、パワーは49000

 

ここまででVへ一貫張るとしても総要求値は245000要求7パンですね。トリプルドライブでスタンドトリガーを捲ればアサシンがパワー48000となって起き上がるので更に要求値は跳ね上がります。2ダメージや3ダメージの状況から、このコンボを耐えられるデッキをお持ちの方はいらっしゃいますかね?

とはいえ、ここまで荒ぶるのは稀で、平均的に見ればデマゴーグに与えられるパワー増加テキストは12~18個前後、ソウルで待機するアサシンは2~3枚程度になります。

(それでも総要求値自体は“トリガー内容を含めず”130000要求5パンや、155000要求6パンなのですが)

 

ドライブチェックの内容を含めずに初回超越でそういった頭のおかしい要求値を達成できるのがデマゴアサシンです。見て分かる通り、要求量自体はサンクの比ではありません。しかもパワーを上げるためにメインフェイズ中にひたすらソウルチャージを行います。ソウルチャージしかしていないのにメインフェイズが長いです。それどころかデッキカットも途中で何回か挟みます。ダメージを抑えてもCBに頼らずソウルチャージできます。ソウルチャージさえしていれば勝手にパワーが上がり、何故か手札が増え、更に不思議な事にパンチ数まで増加している。はい、紛う事なきクソデッキです。こんなクソデッキを使っている人間はとてもとても†罪深い†ですね。はい、このクソデッキの存在を知らずに環境を考えていた人がもし万が一居れば、流石に†悔い改めて†おく事をおすすめします。(†悔い改めて†って言いたいだけの人なんで気にしないでやってください

 

 

 

 

 

 

それでは、今回の本題である「サリヴァン軸デマゴアサシンの各デッキとの相性」について書いていっちゃいますね。

 

vs七海ランナー

ランナー相手に泣きを見るとか、何のために深闇能力持ちの出張セット入れてるんですかね?…と煽られても仕方ないのでデモンテッドヴェアティーゲルやサリヴァンヴェアティーゲルでアド取ったり、デモンテッドアサシンで殴り潰したりしましょう。

まぁそれでも相手の方が頭四つ分ぐらいぶっ壊れたテキストをしちゃっているので不利には違いないのですが…。

 

結論:不利というほど不利でもないけど限りなく不利に近い不利ぽよ

 

vsギアクロ

初回超越デマゴアサシンしか勝ち筋がありません。

なぜならば、初回超越先にティボールドを選択して必死に耐久しようとしてもチクタクメラム、ヒストリー、コーザリティで普通に点を詰められてしまうからです。

更に、万が一デマゴアサシンで殺せなかった場合には、こちらの次の超越先は残りのデッキ枚数の都合上ティボールドしかありません。ティボールド超越時の要求値は非常に貧弱なので、その分相手に好き放題動かれる事になります。ただでさえ時翔による低パワーの連パンによってサリヴァンの能力が封じられているので、もう勝てるわけがありません。

つまり、結局はデマゴアサシンのコンボをぶつけるしか勝ち目がないので、何も考えず死ぬ気でデマゴアサシンしましょう。因みにヘテロラウンドは使い方を間違えると、ただの自殺志願者にしかなりません。ヘテロラウンドが黙るので、デマゴアサシンのコンボが決まれば普通に吹っ飛びます。

 

ただし、カリブムでFVやサリヴァンの効果対象にしたかったユニットを飛ばされるなどして満足にソウルチャージできない動きしかできなくなった場合は死にます。同じ理屈で、逆にG2止めをしてきた相手に対してサイクスからサイクスへ乗り直すと相手は絶望するしかありません。…理由は分かりますよね?分からなくても回せば分かります。

 

結論:カリブム持ってます??え、持ってない??ハッハ~↑↑

 

 

vsナイトローゼ

デマゴアサシンすれば吹っ飛びます。

正直、上手な人が少なすぎて上手な人と対戦した事がないので分かりませんが、ティボールド乗ったらソウルが簡単に25枚ほど溜まるので大丈夫です。LO目指しちゃっても良いでしょう。

LOを目指していてもきちんと攻撃して相手の手札を削っていかなければならないのですが、ここで相手はリリー砲撃やリリーみっくを構えられるので、砲撃を撃たせるプレイやアサシンを縦に並ばせて無理やりに要求を届かせるなどのプレイが必要になります。リリー砲撃やリリーみっくを撃たせると相手のデッキがソウルチャージ分無しでも3枚削れます。アサシンのスペリオルコールタイミングはアタックステップの開始時なので、相手はアサシンがスペリオルコールされてからリリーを撃ち、ルートを選択出来ます。しかし、「アタックステップの開始時」というタイミングはスタンドしている前列のユニットが居る限り何度でも訪れます。言いたい事、分かりますね?ソウルに待機しているアサシンでブーストするか、アタックするか、それともこのターンは待機して見送るか、をそれぞれ相手の動きやダメージトリガーの有無によって選択できるのです。まぁLOを目指す場合には、ガッシュみっくからのみっく重ね掛けしたユニットの確定スタンドでキルされるオチにならないように常に気を配っていなければならないので、胸を張って有利だ、とは言えないのですが。

 

なお、初回超越の奪い合いに関してはライブラリアンが足を引っ張るのでこちらの方が若干不利な所もあります。ただ、初回超越権を渡してもすぐ殺される訳では無いので、その返しにデマゴアサシンしましょう。リリー砲撃もスタンドトリガー1枚で無かった事になります。デマゴアサシンする限りにおいては頭を使う事などありません。

 

結論:みっくみっくにしてやんよッ!!(みっく大活躍のお知らせ)

 

 

vsネオネク

ティボールドで耐久したくてもネオネクはドロップからアタッカーを回収できるクランなので頑強の乙女ノエルとかいうストロング過ぎる名前のぶっ壊れた草にボコボコにされてしまいます。その前にさっさと初回超越デマゴアサシンのコンボの前に沈んでいただきましょう。

もし耐久しなくてはならない状況に陥った場合は、必死にソウルチャージしてソウルから貪欲を拾い、ラウニマルユッカをアグラトバトマラトや貪欲で必死に止めて悪あがきを続けましょう。嫌だ!俺はまだ、まだ死にたくないぃぃぃいッ!

ラウニマルユッカは強制テキストなので、ノーガードしてLOを狙ってもいいのですが、ドロップからノエル回収してノエルノエルノエルノエル…とやられるとゲシュタルト崩壊待ったなしなので気をつけましょう。

 

結論:貪欲ちゃん、タスケテ……タスケテ…。

 

 

vsアルトマイル

デマゴアサシンで素直に吹っ飛びます。

手札によっては相手のドライブチェック次第でレドン2枚控えたブレイブランサーの9パンを耐える事も不可能ではないです。不可能ではないだけで、実際やるとなると相当の下準備を要しますが。もし耐えるルートを選択して、万が一GB3の猛攻を耐える事に成功した場合、相手は山をリフレッシュする手段がなく、連パンする為のパーツを山から引き抜いてしまった後なのでもう特に何もしなくても死にます。(耐えられるとは言ってない)

 

ブレイブランサーの総要求値としてはナイトオブキャストを1枚併用する事で最大約180k要求9パンが可能ですが、デマゴアサシンでは初回超越で最大約250k要求7パンです。格が違います。ミラーに比べればたいしたことないですね。(違う、そういう問題じゃない、大切なのは成功率だ。

 

結論:ジェネシス同様、やられる前にやれ

  

 

vsサンク

もうサンクの時代は終わっていると思うんですけどね。初回超越のキル性能ですらデマゴアサシンに劣っているというのに…。それでもまだ死にきってはいない上に速度の都合上、非常に危険なデッキなので一応書いておきますね。ダブクリ以外に負け筋なし。以上。

 

結論:ランナーが消えた瞬間にデマゴアサシンはサンクの完全上位互換になります

 

 

vsフリーズレイメサイア、カオスメサイア

寝てても勝てます。嘘です。寝過ごすと時間に負けます。そして睡魔には誰も勝てません。

フリーズレイで呪縛されるとデマゴアサシンは止まりますし、カオスブレイカーなどでサリヴァンの対象にしたかったリアガードやオルドナンツを呪縛されると悲しくなります。

 ですのでとりあえず、ティボールドや罪深き者シャルハロートを使い分けて雑にアド差をガンガン広げていきましょう。そのうち相手のデッキが悲鳴を上げて消えます。もはやサンドバッグですね。ダブクリやトリクリ以外に負け筋がありません。

 

結論:時間との戦い

 

 

vsノキエル

ブロークン、スリエル、G1ノキエルを使いまくってもぶん回ったデマゴアサシンを止める事はできません。なので、ぶん回りする自信があればデマゴアサシンのコンボでキルを狙っても良いですがその意義は薄いです。

それよりも罪深き者シャルハロートで確実に相手のリソースを削っていく事を意識していきましょう。ただし救援コンボでパンチ数稼がれたら死にます。下の結論のようなオチにならないよう注意しながらプレイしましょう。

 

結論:LOしようとしたらレギオンで殺された()

 

 

vsミラー戦

正直、僕もサリヴァン使うのでこれあんまり書きたくないんですよね。VGでもZ/Xでも大会の上位に残った途端にミラーにぶつかって沈むという謎のジンクスを抱えているのでとっても書きたくないんですよねッ!でもどうせ大会なんて1年に3回か4回くらいしか出ないので気にしなくて良いですよね!!

という事でミラー戦になった時の大まかな流れだけ書いておきます。

 

G2止め ~お前のGゾーン(使え)ねーから!!~

相手のデマゴアサシンがうまく決まりそうな雰囲気を醸し出していればこのルートを選択します。相手のハッタリかどうかはクトゥルフTRPGにおける技能の1つ、<心理学>でダイスロールして見抜いて下さい。因みに友達の1人すら作れない僕には無理です。めっちゃ騙されちゃいます。

さて、決まれば勝ちのデマゴアサシンコンボを回避する為のG2止めですが、基本的に乗り直す必要などありません。相手のシブリーズはこちらのシブリーズ同様、ドローしてソウルチャージしてCCするだけのクソ雑魚です。トリプルドライブ+αで殺せるか、トリプルドライブしなければどうせ負ける、というタイミングになった時初めてシブリーズを使います。そうです、シブリーズはミラー戦でのみ輝きます。シブリーズにわざわざ枠を割いているのはこのためです。

相手の手札やダメージを見て、殺せるかな?と思えたなら、シブリーズ乗せてひたすらソウルチャージを行い、アサシンをソウルに待機させてそのまま連続攻撃を行います。大抵はこの流れになるでしょう。

 

デマゴアサシン ~お前のアサシンねーから!!~

上のルートを選択している途中でも、相手のアサシンがダメージに落ちまくったり、ドライブでアサシンが見えまくったりなど、これ相手のデマゴアサシン耐えられるんじゃね?という場合にはさっさとG3に乗っていいでしょう。相手のデマゴアサシンを耐えられるのならばシブリーズ使うかどうかなどはもはや自由です。相手のデマゴアサシンを耐えたら返しにこちらもデマゴアサシンでもなんでもして息の根を止めて差し上げましょう。イェイイェイ♪

 

デマゴアサシン ~俺のアサシンもねーから!?~

もう涙目です。人権を失い、ただ死を待つだけの虫ケラのように縮こまり、やがて眼前に迫り来るであろう脅威(時間切れ)に怯えて下さい。デッキをリフレッシュできる回数はたった4回のみ。派手なソウルチャージはデッキの消費を加速する。だが、ソウルチャージをしなければ深闇能力の有効化もハンドアドバンテージの確保もできない。そして相手も全く同じ状況。分かりますよね?こうなったらもう地獄絵図です。ドリーンやトラジッククローを入れていれば、ここで有利になりますが、そうでない場合には完全な地獄絵図です。泥沼の戦いです。相手のVを殴るとソウルブラストでリフレッシュした時のデッキ枚数が増えてしまうので、横だけ殴ってエンドだとか普通にやります。完全にクソゲーの極みです。なんでこないなってもうたんや…

 

結論:時間切れダメージ差勝利(おい

 

 

vsその他

初回超越デマゴアサシンでばいばい。おめーの超越権ねーから!!

 

 

最後に

なんかまた6000字近くいっているみたいですね。

では今度こそ、ミラーの泥沼で待っています(白目

twitter.com

 

宝石騎士速攻

4回目ぐらいのブログ投稿になりました。でもやっぱりブログに慣れないので永遠に初めてのブログ投稿になるのかも知れません。そうだ、初めてのブログ投稿の筈なのに過去、既にブログ投稿をした事のある自分が居た。貴方は直感的に悟ってしまう、自分ではない他者の存在が己の中に潜んでいるのではないかという事を。お待ちかねのSANチェックです。

 

アイエエエエエエエエエエェェェエェエエ!!!???

 

 

…ごめんなさい、なんでもないです。

今回はファンデッキ宝石騎士について紹介していきたいと思います。

 

 

デッキ構築

 

G3

勝機の宝石騎士イーヴァン 4枚

導きの宝石騎士サロメ 3枚

 

G2

友愛の宝石騎士トレーシー 4枚

涼風の宝石騎士アルトガロ 4枚

宝石騎士そーどみー 4枚

 

G1

必中の宝石騎士シェリー 3枚

熱風の宝石騎士シンベリン 4枚

呼声の宝石騎士クリスティーン 4枚

宝石騎士さばるみー 3枚

 

FV

宝石騎士れいずがる 1枚

 

トリガー各種

炎玉の宝石騎士 ラシェル 4枚

宝石騎士ノーブルスティンガー 4枚

誠意の宝石騎士バートラム 4枚

光の聖域シューティングレイ 4枚

 

 

Gゾーン

全盛の宝石騎士爵エヴァンジェリン 4枚

撞着の大賢者ジーロン 1枚

光輝の剣フィデス 2枚

錦虹の聖騎士クロテニウス 3枚

閃火の聖騎士サムイル 1枚

飛天の聖騎士アルトマイル 2枚

神聖竜セイントブロードラゴン 2枚

エアーエレメント シブリーズ 1枚

 

 

宝石騎士速攻と銘打ってありますが、何も特殊な事はありません。考える事を止めて、相手が動かなくなるまでひたすら無心に拳を打ち込むのです。

G1でスキップして宝石騎士を並べ、クリスティーンとれいずがるで単体パワー14000のリアガードを作り出します。

殴ります。殴ります。殴ります。

G2にライドしたらクリスティーンやそーどみーを投げて並べ、

殴ります。殴ります。殴ります。

そして最後にクリスティーン効果で選んだ方のG3にライドしてLBで殺すか双闘で殺すかエヴァンジェリンで殺すかクロテニウスそーどみーで殺すかフィデスそーどみーで殺すかジーロンそーどみーなどで殺します。

相手のGBって書いてあるカードは全部バニラだぜ!!

 

カード解説

 

グレード3

 

・勝機の宝石騎士イーヴァン 4枚

双闘して☆2になります。クリスティーンから登場してれいずがる効果で19ラインや21ラインを組みまくるのでサーチ対象として4枚必要です。

 

・導きの宝石騎士サロメ 3枚

LBして☆2になります。デッキの回転が悪かったときにはお世話になります。シンベリンでドーピングして29k☆2と叫びます。クリスティーン効果で見せる必要があるので魔法カードとして3枚です。そーどみーの構築制限さえ無ければ、ガンスロッドやサンク、アルトマイルなどいくつか他にも候補があったりするのですが、残念です。

 

グレード2

 

・友愛の宝石騎士トレーシー 4枚

単騎12kになる姉御ですね。19ラインや17ラインを組みます。飛天で呼ぶとれいずがると併せて単騎23kになります。

 

・涼風の宝石騎士アルトガロ 4枚

HITすればシンベリンを呼べるので、実質的に相手のダメトリを無視できます。単騎10kになれるシェリーを呼んで追撃する事も出来ます。クリスティーンを呼んで一列分を疑似スタンドさせる事も可能です。ソウルブラストで喧嘩する事もないですしHITさえすれば非常に器用に動けるカードですね。だが男だ。

 

・宝石騎士そーどみー 4枚

基本的にシンベリンを呼び出して仲間をドーピングする狂犬ですね。クリスティーンを呼び出す事もあります。場合によってはバートラムを呼ぶ事もあります。わんわんお♪

 

 

グレード1

 

・必中の宝石騎士シェリー 3枚

単騎10kになれる妹ですね。そーどみーから呼び出してれいずがる効果でパワー増強し、20kラインを形成する事もできます。

 

・熱風の宝石騎士シンベリン 4枚

ドーピングマシーン1号。G2にライドしたタイミングでそーどみーから呼び出したりすると要求値が一気に跳ね上がります。ただ後述するれいずがるが同時に誘発してしまうとシンベリンにパワーが振られて無駄になるので、損しないように立ち回りましょう。コイツのお陰でVがG2のままでもVのラインが26kになる、という夢が実現します。

 

・呼声の宝石騎士クリスティーン 4枚

全ての元凶です。効果誘発の為の条件にさえ目をつぶれば、ばーくがる級のぶっ壊れとも言えるかもしれません。序盤から終盤にかけ、れいずがると併せて最低15k要求のラインを作り続ける事ができます。例えば、G1でのライドスキップから、れいずがるの前にバートラムをノーマルコール、もう片側のラインにバニラのトリガーユニットをノーマルコール、そしてV裏にクリスティーンをコールして効果でイーヴァンを出せばバートラムが9kライン、Vが14kライン、イーヴァンが19kラインを達成します。ただし、クリスティーンはそーどみーと比べ、効果発動の為の制約が厳しいので注意しましょう。しかし、その分そーどみーよりも優秀な動きをします。

一応補足ですが、ターン終了時に誘発する回収効果は、コールしたG3を回収できない事態になっても誘発し、手札を1枚捨てる処理は行われます。

 

・宝石騎士さばるみー 3枚

サロメの為のLB解除ですね。3枚は大げさですが、他に素のパワーが7kある宝石名称も居ないですし、サロメのLBもれっきとした勝ち筋の1つではあるので、LB解除が引けずに台パンするのもみっともないですし、3枚にしています。

 

FV

・宝石騎士れいずがる 1枚

ドーピングマシーン2号。このデッキの中で最も扱いが難しいカードです。

ターン1回のみの誘発で、他のユニットがリアガードサークルに登場した時、他の宝石騎士を含むリアガードが3枚以上ならば登場したユニットのパワーを3000増やす、というもの。そのターンでの一回目のスペリオルコールにしか誘発できないため、非常に扱いが難しいカードです。ティファニーでも良いのですが、クリスティーンとの相性の良さとターンを跨いで何度も効果を誘発できる利点を重視し、こちらになっています。

 

トリガー各種

 

・炎玉の宝石騎士 ラシェル 4枚

・宝石騎士ノーブルスティンガー 4枚

宝石騎士名称を持つバニラの☆ですね

 

・誠意の宝石騎士バートラム 4枚

ターン終了時に条件を満たしていれば強制的に誘発し、場からデッキに帰って行くトリガー、主に前衛を務めます。

 

・光の聖域シューティングレイ 4枚

光の聖域名称とグレイ名称を併せ持つステキなバニラトリガーです()

 

 

Gゾーン

・全盛の宝石騎士爵エヴァンジェリン 4枚

4枚入れたいのですが他も優秀なので3枚でも良いかも知れません。2連続でこの子に超越できるほどの余裕は今の宝石騎士にはある筈がないので、4枚目が無くて後悔する、という事もほぼ無かったですし。

 

・撞着の大賢者ジーロン 1枚

れいずがる誘発の為に使う事がごくたまにあります。

 

・光輝の剣フィデス 2枚

フィデス乗ったらエヴァンジェリンかクロテニウスをオープン!!はい、復唱!!

基本的には表のダメージが少ないときのクロテニウスの代理役です。

 

・錦虹の聖騎士クロテニウス 3枚

とてもよく使います。基本的にはこの子に超越してそーどみーシンベリンもしくはそーどみーシェリーします。

 

・閃火の聖騎士サムイル 1枚

ごくごく稀に使わなければ勝ちを拾えない場合があったりします。

とは言え、この子を採用する事で失われる“超越2回目以降で勝ちを拾える場合”よりも必要になる頻度が高かったので選択肢として採用しています

 

・飛天の聖騎士アルトマイル 2枚

2回目の超越権がもし得られたならば、基本的にはこの子に超越します。

 

・神聖竜セイントブロードラゴン 2枚

敗色濃厚な試合をワンチャンひっくり返せるドラゴンさんですね。

 

・エアーエレメント シブリーズ 1枚

一応の保険です。

 

まとめ

 

クリスティーンとバートラムがターン終了時に自己退場する前衛を作成できるので、それらの自己退場する効果と次のターンに行うスペリオルコールがより強力なシナジーを生み出しています。それだけでなく、G2にライドしたターンにおいても前衛をクリスティーンで作り出す事ができるので、G2からG2への乗り直しも非常にしやすくなっています。このテンポの良さと乗り直しのしやすさはサンクには無い美点です。ただ、純粋に殴り潰しに行くだけのデッキなのでビートのセンス(笑)が問われるかもしれません。

結論から言ってしまうとスペリオルコールしか能がないデッキなのでスペリオルコールに誘発してパワーをインチキするクソ犬と宝石サンクの時代に暴れまくったドーピングマシーンことシンベリンを乱用する事でしか要求値を上げる事が出来ません。なので、最大限それらを活用出来るデッキ構築を意識して作成しました。あとそうですね、完ガライドされてダメージ貰えなかった時は泣き叫びながらお星様捲りましょう。3回願いを唱えると願いを叶えてくれる流れ星よりも3枚捲ると相手が死ぬ流れ星の方がチカラアバレゴリラです(意味不明)

ラウニマルユッカなどは諦めて下さい、そういう運命なんです()

まぁ敢然の宝石騎士ジュリアが使いたくて考えていただけの、ただのファンデッキなんですけどね……

とにもかくにも最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではでは~

twitter.com

広告を非表示にする

デマゴアサシン 補足編

日頃からデマゴアサシンしてラリっていらっしゃる†闇の眷属†の皆さんもそうでない皆さんもおはこんばんちわですね。

多分この奇怪なブログに足を踏み入れて下さっているという事はきっと恐らくもしかしたらおおよその場合において前回のサリヴァン軸を解説した謎のブログも読んで下さった酔狂な方なのでしょう。誠、恐悦至極に存じますデス、うへへ。

 

今回はサリヴァン軸の補足編(?)という事で前回紹介したサリヴァン軸のデッキ構築に辿り着くまでの間に採用候補として浮上していたいくつかの優秀な†闇の住人†達を紹介していきたいと思います。 

 

 

グレード3候補

 

ブレイドウイング・レジー

デマゴアサシンのコンボだけを見れば十分採用候補としてあり得るカードですね。

ただし、デマゴアサシンのコンボはほぼ必殺の一撃ですが成功率自体はさほど高くないですし、レジーがサブVとして採用されていると、その分ソウルチャージできるカードの枚数が少なくなりやすい場合が考えられたので、今回は採用には至りませんでした。勿論、後々の追加でレジーを併用しても問題無いほどの何らかの安定したソウルチャージ手段があれば十分に採用価値のあるカードとなるでしょう。

 

・グレンツェント・ヴァンピーア

2つあるテキストの内、上のテキストはほぼ“シブリーズ乗せてもターンの終了時にCC1できるよ!!”って書いてあるようなものですね、それ以外の状況だとその時点で敗色濃厚ですので。

肝心のデマゴアサシンのコンボに限って言えば、5枚目以降のデモンテッドとしての採用となるでしょう。デモンテッドとは違い、デッキ枚数が少なくなってきた時のデッキトップ操作もできますが、サリヴァン軸に深闇能力持ちのカードを多く採用する事は構築上難しいですし、何よりもブレイドウイング名称を持たないのでライドしてしまうとティボールドに超越しない限り、ソウルのサイクスが全て腐ってしまいます。そうなった時に台パンしても遅いので今回は採用を見送りました。ブレイドウイング・サイクスを採用しない、という場合にはお世話になる事でしょう。

 

・シュティル・ヴァンピーア

ガブラストだぁ!!やったぁ!!つおい♪つお~い♪

はい、茶番ですね。とは言ってもモノクロームが存在するのでダメージゾーンにカードが5枚あれば達成は簡単ですが、万が一ブレイドウイング名称に乗れば勝ちの場面でコイツを引いてしまいGアシストできなくなってから台パンしても手が痛くなるだけなので今回は採用を見送りました。

  

 

グレード2候補

 

・トラジック・クロー

はい、今回の主役ですね。同じ縦列に味方のユニットが登場した時、ソウルチャージ1を行う事が出来る自動能力と、深闇有効下で同じ縦列に味方のユニットが登場した時、ソウルが10枚以上ならブーストを得て、更にソウルが15枚以上ならばパワーを+2000できる自動能力の2つを持ちます。

ソウルチャージするドリーンとも言えるこの愉快痛快なテキストを持っているこのかぎ爪野郎様ですが、モノクロームと併用すればモノクロームが効果を発動する度に追加でソウルチャージを行う事ができます。更にパワーも増えます。そしてなんとついでにブーストする能力も得る事ができます。よりどりみどりですね。デマゴアサシンではソウルを積み重ねる為に何度も圧殺コールを行いますので、この追加ソウルチャージするテキストを馬鹿にはできません。トラジック・クローが1枚あれば簡単にデッキが無くなるという事も有り得ます。

ではなぜ採用しなかったのかというと、能力があまりにもピーキーすぎると判断したためです。そもそもデマゴアサシンのコンボでは、アサシンが3枚~4枚ソウルに入り、そしてデマゴーグの前列強化テキストが15個ほど積み重なれば、その時点でほぼ射程圏内に入ります(序盤からしっかり殴っていれば、ですが)。ヴァンガード6点与えれば勝ちのゲームですので7点も8点も与えるコンボを行うデッキを組む必要はありません。なのでソウルチャージの爆発量より、どこからでもソウルチャージという行為を行える安定性を重視した結果、採用を見送る事になりました。

いくらソウルチャージするドリーンと言えど、パワーを上げた所で1点は1点に変わりありません。そしてパンチ回数自体を増やせるのはスタンドトリガーとソウルのエニグマティック・アサシンだけです。

勿論、序盤から殴りに行きやすいグレード配分を維持したまま、ソウルチャージの安定性を保てる、という場合には十分採用候補になり得るカードに違いはありません。

 

※一応注意なのですが、深闇能力の方はそのターンでのライド以外での方法で1枚以上ソウルを増やしていなければ有効ではないので、1回目のソウルチャージを上のテキストで行った場合は下の深闇テキストは使えません。まぁテキスト内でもソウル10枚以上であったりソウル15枚以上であることを求められているのであまり気にしなくても良いでしょうけど

 

・愛着のサキュバス

あくまでデマゴアサシンのコンボを行う、という事に限って言うのならば5枚目以降のライブラリアンとしての運用となるでしょう。しかし、G2段階での殴り合いを恐れるならばライブラリアンの枠をこちらに変えていく、というのも1つの手ではあるかも知れません。

 

・スリーイン・ザ・ダーク

アタック時、手札1枚を捨てる事で2ドローし、手札から1枚をソウルインするカード。前回も書きましたが、山札を無駄に削ってしまう上、素のパワーが8000なので、現在は謹慎処分です。

 

・ダークソウル・コンダクター

ガーディアンサークルからドロップゾーンへ送られた時、2枚のソウルチャージを行うカードです。サリヴァンのシールド増強効果をインチキします。はい、活躍の機会は無いですね。思い浮かんでから2秒で採用候補から除外しました。

 

 

 グレード1候補

 

ブレイドウイング・ロドピス

やっている事自体はプチGアシストようなものです。サイクスへのライド率を高めてくれるのは弱くないのですが、名称持ちカードの少なさからくる不発はもちろん、事もあろうに山札を3枚も削ってしまうという赦されざる大罪を犯すので現在はアズカバン送りです。 

 

・ライトエレメンタル・サニー

ヴェアティーグルがドローしてくれるので、シールド値も無く、ソウルチャージすらしない輩に人権はありません。謹慎処分です。

 

ブレイドウイング・ティリット

山札を5枚も削る大罪人はアズカバン送りです。既にお墓も建てておきました。

  

・ドリーン・ザ・スラスター

かつてダクイレヒロインNo.1の座に君臨し続けた悪い女ですね。火力自体は申し分ないのですが、昨今の環境では除去が強く、完全ガードの回収も困難というわけでは無いため、何度も簡単に使い回せるエニグマティック・アサシンにダクイレ汎用フィニッシャーの座を譲ったと考えて良いでしょう。枠に空きがあれば1枚差しておいても良いかもしれませんが、その役目すらトラジック・クローというかぎ爪野郎に奪われそうです。とは言え、トラジック・クローはソウル15枚以上の状況で、同列に味方が登場した回数×2000しかパワーを増強できないのに対し、こちらはデッキ枚数×3000もパワーを増やす事ができますから、まだまだ現役なのでしょう。

 

 

では以上で採用通知を受け取れなかった方々の紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

twitter.com

ジェスカイリルンバレット ドリル型

2回目のブログ投稿になります。でもまだ慣れないので、初めてみたいなもんですね。

今回は新弾で微妙に強化されて安定性を増した「ディンギル型の青赤白リルンバレット」、通称「ブルーバレット 」を紹介したいと思います。

 

デッキ構築

 

プレイヤー:天王寺飛鳥

 

4枚 ロウブリンガー リルン

4枚 回転砲技師 ラピッドバレット

4枚 舞楽の女神 アメノウズメ

4枚 『命慟』潰機 ミルストーン

4枚 神舞の舞台 フェニル

2枚 曲剣職人 シャムシール

3枚 咬断機械 グレイヴバイ

1枚 イル・ラク・サアル

3枚 アブブ・カブラ

 

1枚 聖獣オーラスフィンクス

 

4枚 会計士 アルパイン

4枚 アルバイトするフィエリテ

4枚 猛撃の勇角 エイクスニール

4枚 宙翼合体 アインスタイニウム

4枚 削人機械 ドリリング

 

 

2枚 対なる『鎮頂』アンシャル・キシャル

1枚 億劫なる『沈泥』ラハム

2枚 厳門の『苛烈』イガリマ

1枚 統べて識る者ギルガメシュ

2枚 氾濫の『命慟』ティアマト

1枚 澄み渡る『王威』マルドゥク

1枚 滅神騎王アーサー

 

カード解説

 

ロウブリンガー リルン回転砲技師 ラピッドバレット

 

リソースに揃うと永続でPSに居るZ/Xにパワー+2000した上で絶界を付与し、更に自分のZ/Xが相手に与えるダメージに+1000します。揃うのが早ければ早いほど強いですね。

 

舞楽の女神 アメノウズメ

古事記に痴女として記されています。リルンバレットを使うような変態にはうってつけですね。登場時、任意のスクエアに居る敵ゼクス1体に4000のダメージを与えます。

 

『命慟』潰機 ミルストーン

2枚ドローして2枚をデッキに戻し、シャッフルするオープンゼクスです。手札が少ないときに使うとなんだか虚しくなります。リルンバレットのリソースリンクを引き当てるためのカードですね。

 

神舞の舞台 フェニル

登場時に3枚ドローして2枚をデッキに戻してシャッフルします。エイクスニールの効果で出しても手札が減りません。イミワカンナイ効果をしていますね。

終盤では3ドローしてエイクスニールなどを引き当てに行ったりします。

 

曲剣職人 シャムシール

様々な使い道がある今弾イチオシのカードです。

青1コストで自身を手札にバウンスする効果とターン1回限定の白1コストでNSのゼクス1体のパワーをマイナス6000する効果の2つの起動効果を持っています。

前者の効果によってエイクスニールと併用した連パンの補佐だけでなく、自身が破壊されそうな時に手札に戻って返しのターンで安定して殴り返す事ができます。「選ぶ」と書かれていないので絶界が付いていてもバウンスする事ができます。

後者の効果では盤面を無理矢理こじあける他、自身を殴ってきたゼクスのパワーを減少させ、戦闘破壊を防ぐ事もできます。序盤に殴り飛ばして手札を枯らしてしまっても、シャムシールがPSに立てば手札の回復に繋がります。堅実に強いカードですね。

 

咬断機械 グレイヴバイ

ドリリングと一緒に天元突破します。

コイツが居るお陰で相手のNSには人権がありません。

 

イル・ラク・サアル

白いオープンイベントです。

オープンイベントの中で唯一4、6スクエアのペルツを吹っ飛ばせます。超便利。

 

アブブ・カブラ

青いオープンイベントです。自分のZ/Xを手札に戻す事もできます。

 

 

聖獣オーラスフィンクス

スタートカードのバニラってやっぱり堅いですよね。

 

 

会計士 アルパイン

自動効果による登場や破壊に反応してノーコストの猫市場と化します。

同型相手のミラー戦で優位に立てる他、ユーディにも反応してくれます。

IGフェイズにインチキムーヴをするカレントやエイクスニール、乙女整備士カノープスなどに刺さる良いカードですね。

でもイベントカードやフリージアには反応してくれません。

 

陰者の緋石ジンカイトハーミット哀愁バラード リリーイヴィルベイン エミクスでも良いのですが、ジンカイトやバラードリリーにすると色比率が悪くなり、エミクスにすると絶界のついた味方がグレイヴバイトの効果で選べなくなるのでこの猫にしています。

 

アルバイトするフィエリテ

3コストのバニラを殴りに行けます。ぅゎ、フィエリテぉばさんっょぃ。。。

フォスフラムとどちらにするか悩みます。ウェイカーレベルを持つラミアを処理できるリゲルとも時々悩んだりします。しかし、パワーをマイナスする効果によってぴったり相手PSが溶けると気持ちいいのでこちらにしました。

 

猛撃の勇角 エイクスニール

なんかもう色々やばいやつ、必要性や役割についての説明は不要ですね。

 

宙翼合体 アインスタイニウム

PSや4,6スクエアによく立っているアイツです。セリーヌの効果などで移動されてしまって十分に仕事させてもらえない環境になってきてはいますが、PSに立ててしまえば超強力なレンジ2能力持ち75打点と化すので、脅威であることには変わりませんね。

 

削人機械 ドリリング

IGで引き当てると唐突に天元突破を始めます。ライフから出せればそれだけで2面処理ができます。

 

 

エクストラ解説

 

対なる『鎮頂』アンシャル・キシャル

デッキトップ3枚から3コスト以下を盤面に呼び出す双子。

アンシャルガチャで超Sレアゼクスのエイクスニールを引き当てましょう。

 

億劫なる『沈泥』ラハム

敵味方を問わず、ゼクス1体をバウンスするお姉さん。

 

厳門の『苛烈』イガリマ

滅茶苦茶強いおっさん。1点を取る装置。

 

統べて識る者ギルガメシュ

次の弾で討伐されるっぽい神様。バーンでPS溶かしたりとかする。

 

氾濫の『命慟』ティアマト

ミルストーンで捲られるだけのお姉さん。

PS横をこじ開けながら10500打点を出す必要がある時には呼び出したくなります。

 

澄み渡る『王威』マルドゥク

グレイヴバイト捜索隊。デッキからグレイヴバイトを捜してきます。

 

滅神騎王アーサー

なんかイケメンになって帰ってきた人。彼が居るのでデッキ内の5コストを増やしても良いかもですね。(具体的には妲己さんとか)

 

 

まとめ

 

基本的な回し方は通常のジェスカイカラーのリルンバレットと変わりません。

ただし、オーラスパイダーやライフセーバーカーラなどの枠がドリリングとシャムシールなどになっているので、若干アンシャル・キシャルが作りにくいです。しかしその代わり、ドリリングがあるのでIGでキルパーツが揃う可能性があります。そして何よりライフが強くなります。VBの有無は大きいですからね。

 

最後までお付き合いい

twitter.com

ただきありがとうございました。

 

ダークイレギュラーズ ~デマゴアサシン~

初めてのブログ投稿になります。よろしくです。

今回はヴェアティーゲル・イェーガーの追加により、環境に喰い込めるレベルのスペックを手にしたと個人的に思っているサリヴァン軸の紹介をしたいと思います。

ヴェアティーゲル・イェーガーが追加された後のサリヴァンは基本的に旧タイプの宝石サンクと似ています。(流石にベノン並みとは口が裂けても言えません…)

実際、僕も宝石サンクを扱っているような感覚で回しています。それぐらい今までのダークイレギュラーズとは違うという事です。どうぞ頭を空っぽにしてご一読下さい。

 

デッキ構築

 

G3

ブレイドウイング・サリヴァン 4

 

G2

ブレイドウイング・サイクス 4

デモンテッド・エクセキューショナー 4

フライング・ライブラリアン 4

 

G1

純愛のサキュバス 4

ヴェアティーゲル・イェーガー 4

ディメンジョン・クリーパー 3

貪欲のサキュバス 2

 

G0

エニグマティック・アサシン 4

 

FV

ヴェアフレーダー・オルドナンツ 1

 

トリガー各種

(☆)悪夢の国のダークナイト 4枚

(醒)悪夢の国のモノクローム 4

(醒)悪夢の国のダーククイーン 2

(引)ヒステリック・シャーリー 2

(治)悪夢の国のアリス 4

 

Gゾーン

大魔神 ソウルレス・デマゴーグ 1

殲滅の翼 ブレイドウイング・ティボールド 4

忌まわしき者 ジル・ド・レイ 4

罪深き者 シャルハロート 1

エアーエレメント シブリーズ 1

夜陰の紳士 サン・ジェルマン 2

偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト 3

 

偏ったグレード配分からも推測できるでしょうが、基本的に初回超越の対象として大魔神ソウルレス・デマゴーグを選択してメインフェイズ中に大量のソウルチャージを行い、それに伴って得られる“前列全てのユニットにパワーを付与する永続効果”とソウルに紛れ込んだエニグマティック・アサシンの“バトルフェイズ中に自身をスペリオルコールする自動効果”による非常に高火力な連続攻撃で殺します。なので、サリヴァンのシールド増強効果よりも登場時効果の方が重要です。

この俗に言うデマゴアサシンのコンボですが、これ自体はエニグマティック・アサシンが収録された勇輝剣爛環境から存在してはいました。

ただし、その頃のダークイレギュラーズではGBという制限があまりにも厳しく、初回超越に辿り着く前に殺されるか、辿り着いたとしても満足にソウルチャージもできない程に手札を消費させられていました。

 

しかし、PRカードという名の救済によってGBという足枷を取り払ったイミワカンナイ原始のテキストを持ったヴェアティーゲル・イェーガーとその仲間達が逆境の中で研ぎ澄まされた鋭き爪を挙げ、反逆の翼を翻します!!!

 

カード解説

 

グレード3

 

ブレイドウイング・サリヴァン

1つめの能力はソウルが15枚以上なら“自分のガーディアンのシールド+10000という永続効果”と“Vが攻撃されたバトルの終了時2枚ソウルブラストする自動効果”の2つの能力を得る永続効果。つまり、環境を統べるギアクロニクルとナイトローゼに対してほぼ無力って書いてあります。

しかし、お飾りのテキストというわけでは決して無く、パンチ回数の少ない相手ならばソウルのヴェアティーゲル・イェーガーやモノクロームなどのトリガーを吐いてティボールドで山を作り、相手のデッキが無くなるまでマウントを取り続ける事も可能です。ティボールドを使っていれば守護者である貪欲のサキュバスをひたすら使い回す事もできるのでファンサービスしている気分になれます。いい加減沈めよッ!!沈めぇッ!!!

 

2つめの能力はV登場時、リアガードを1枚選択し、同名のカードを3枚までデッキから捜してソウルに吸い込める自動効果。

ヴェアティーゲルを選択してもディメンジョン・クリーパーを選択してもエニグマティック・アサシンを選択しても嬉しい事が起きるって書いてありますね。

このカードがあるのでヴェアティーゲル・イェーガーは手札に温存しておくよりも、盤面に叩き付けて2ドローでも3ドローでもしていた方が圧倒的に強い場合が多いですね。彼が居ないと始まりません。4枚です。

 

※宝石サンクにギャランティ入れていた人は5枚目以降のサリヴァンとしてブレイドウイング・レジーを入れても良いのでしょう()

 

グレード2

 

ブレイドウイング・サイクス

Vに乗ってもRに出しても強いカード、デマゴーグに超越したターンにひたすらソウルチャージして、ソウルに紛れ込んだサイクスとクリーパーを吐いて再びソウルチャージができます。超越後に手札に来てもソウルチャージができるのでいつ引いても嬉しいですね。4枚です。

 

…余談ですが、よく見なくてもコイツ、GBという制限の無い原始のテキストをしていますね。大量のソウルチャージはデッキ枚数を削ってしまうので基本的には超越後に起動しますが、しつこいG2止めをする相手を見たら思い出しても良いでしょう。

 

・デモンテッド・エクセキューショナー

1つめの能力は深闇制限にターン1回の制限付きですが、CB1をコストにソウル6枚以上で自身のパワー+2000、更にソウル10枚以上なら自身のパワー+3000する起動効果。

2つめの能力はR登場時、デッキトップ7枚から深闇能力持ちのカードを1枚選びソウルインする自動効果。

つまり登場時に不確定ではありますがヴェアティーゲル・イェーガーをソウルに入れる事で間接的に1ドローできるという不思議なテキストをしています。宝石騎士そーどみーかよ

ソウルが10枚溜まってもなおG2止めを続けるようならば、ちゃっかり原始のテキストをしているお茶目なアサシンと一緒に相手を殴り殺すって書いてありますね。

終盤ではデッキが7枚以下になってもまだデッキ内に引きこもっているアサシンをお迎えに行きましょう。いつ引いても嬉しすぎるので4枚確定ですね。

 

※登場時効果で7枚見たとき、ヴェアティーゲル・イェーガーとエニグマティック・アサシン、どちらをソウル送りにした方が良いかは手札とダメージの状況によります。

 

・フライング・ライブラリアン

やはり比較対象として愛着のサキュバスが出てきますね、ドローの質を考えると甲乙つけがたいのでは?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、せっかくデッキに待機しているアサシンくんをドローで無駄にしたくはないのでこちらです。バトル中に手札をソウルに送れるスリーイン・ザ・ダークの枠を作れるのであれば愛着でも良いかも知れませんが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界であり、ソウルチャージを行えば行うほどデマゴーグはより多くの永続効果を得て、更にアサシンの連続攻撃回数にも期待出来る様になるのでデッキのカードをドローして棄てる事になる愛着やスリーイン・ザ・ダークはあまり入れたくないです。ドローして棄てるぐらいならば初めから全部ソウル送りです。

つまり、このカードはドローするカードではありません。手札を減らさず2回ものソウルチャージを行うカードです。なにこのソウルチャージジャンキー。

…などと意味不明な供述をしており、4枚採用です。

 

グレード1

 

・純愛のサキュバス

シシルス互換、超越コスト。こいつが居れば気前よくヴェアティーグルを投げ捨てられる。

ソウルチャージを行うワケでもないので、4枚確実に必要!!というほどではありません。いわゆる自由枠です。減らすとしたらこの枠でしょう。

代わりに入れるカードとしてはブレイドウイング・レジー、トラジック・クロー、愛着のサキュバス、スリーイン・ザ・ダークなどが挙げられるでしょう。

僕は気前よくヴェアティーゲルを投げたいので一応4枚入れています。

 

・ヴェアティーゲル・イェーガー

なんかGB付いてない古代神官文字で書かれている筈なのに滅茶苦茶強い事しか書かれてないイミワカンナイ子ですね。どうやら3種類の効果が書いてあるようです。ラーの翼神竜かよ。

1つめの能力はCB1と手札一枚で追加ソウルチャージを行い、手札に加わる起動効果。モノクロームを持っていれば実質ノーコストですね。

この謎テキストのお陰で、モノクロームが有る限りソウルのヴェアティーゲルは全てディメンジョン・クリーパー化するんですって。デマゴーグにいったい幾つの永続能力を与えれば気が済むんだろうね。

 

2つめの能力はソウルの深闇能力持ち2枚以上で超越コスト化する永続効果。

サリヴァンの効果でアサシンを選択すれば満たせそうですね。サリヴァンの効果で本当に選択したいのは紛れもなくヴェアティーゲルなのだがなッ!!

 

3つめの能力は自分のターン中、カードの効果やコストでソウルに置かれた時にCB1を払い、1ドローする自動能力。サリヴァンの登場時能力で選ばれし者になります。G0にはアサシンが居るのでカリブムも怖くありません。アサシンにカリブム撃たれた?あぁ、そうか…涙ふけよ

ソウルチャージする時にはデッキにヴェアティーゲルが何枚残っているかを考えながらCB管理していかないと、CBコストが不足してしまい、せっかくのドローチャンスを棒に振る事になります。このデッキで唯一頭を使う所ですね。

 

・ディメンジョン・クリーパー

基本的な運用はサイクスと同じです。ただ、此方は超越後に手札に来ても全然嬉しくないですし、サリヴァンの登場時能力の対象としてではなく基本的にライドに使って構わないカードなので3枚に減らしています。正直に言って4枚でも良いと思います。

 

・貪欲のサキュバス

ソウルから回収できるらしいです。ティボールドと併用すればヴェアティーゲルと同じく、デッキ→ソウル→手札→ドロップ→デッキ→ソウル→…という謎の輪廻転生を果たします。

ただ、ソウルチャージをしてくれる訳では無いので2枚で十分です。必要になる前に殺せば守護者なんて要りません。ラウニマルユッカが相手の時はどうせ必死にソウルチャージする羽目になるので2枚でもソウルに入りますし、関係ないですね(棒)

余談ですが、例えばソウルが18枚だった時、貪欲が効果を使用しソウルが17枚になってもサリヴァンのシールド増強が有効なバトル回数に違いはありません。次のターンまで生き残る為にソウルを減らしても問題は無いのです。

 

グレード0

 

エニグマティック・アサシン

ダクイレ唯一の連続攻撃マン。大量のソウルが在る事を要求しているので気付きにくいですが、実はコイツも原始のテキストをしています。デマゴーグがサンクの倍近いパワーパンプをしながら7回も殴れるようになったのはひとえにこの子のお陰です。デマゴアサシンのコンボだけでなくジル・ド・レイの後ろだったり、罪深き者シャルハロートの隣に出て殴った後に再び吸い込まれたりと、ティボールドで輪廻転生しながら無駄に活躍します。デマゴアサシンのコンボが凶悪なので4枚あると楽しいです。採用理由:楽しいから

 

※ソウル枚数が15枚ピッタリの時に効果でソウルからスペリオルコールすると効果解決時にはソウルが14枚になってしまうのでパワーは+5000しか付きません。しかし、ソウルが10枚ピッタリの場合に効果でスペリオルコールした場合はパワーに+5000が付きます。

 

 

FV

 

ヴェアフレーダー・オルドナンツ

デマゴーグに永続能力を3つ与える起動効果を持っています。なので、彼が生存している限り希望はあります。だからカリブムはやめろ。

 

トリガーユニット

 

・悪夢の国のダークナイト

ジル・ド・レイやG4シャルハロートをプレイした時に捲れると強いですね。デマゴアサシンのコンボを行ったターンでもサンクと同様の殴り方をする事で相手の心臓に多大な負荷を与える事が出来ます。

 

・悪夢の国のダーククイーン

デマゴアサシンした時に条件を満たして山に戻すと気分が良さそうですね。以上

 

・悪夢の国のモノクローム

ダークイレギュラーズのアイドルです。彼女を使うタイミングがダークイレギュラーズの全てと言っても過言ではありません。強い事しか書かれていません。「この猫はつよい」って書いてあります。4枚以外あり得ません。

 

※ダメージが1枚でもあれば彼女を使って何度もCBを使う事ができます。彼女とヴェアティーゲル・イェーガーの存在によって、序盤に消費した手札を回復しつつソウルチャージを行う事ができます。彼女が居るからこそ手札が増やせるのです。デマゴアサシンのコンボによるキル率を上げたいならば、手札にあるカードは積極的に序盤から叩き付けてしまいましょう。

 

・ヒステリック・シャーリー

ドリーン・ザ・スラスターがダクイレヒロインの座を追われても、この子はヒロインであり続けるようですね。ソウルがあればシールド値が増えるので、効果を使った方がシールド値も高くなる場合が多いです。ついでにデマゴーグに永続能力を2つ与えます。やっぱりソウルチャージは最高だぜ。

 

・悪夢の国のアリス

ヒールトリガー、せっかくなので悪夢の国名称で揃えてみました。特に意味はありません。

 

 

Gゾーン

 

大魔神 ソウルレス・デマゴーグ

メインフェイズ中、カードがソウルに置かれた時、“あなたのターン中、あなたの前列全てのユニットのパワー+1000”という永続効果を得る自動効果。

つまるところ、この永続効果を20個ぐらい積み重ねてアサシンとスタンドトリガーを加味した最大9回の連続攻撃で相手を殺します。(アサシンをヘテロラウンドで戻してスリーイン・ザ・ダークをスペコしてまたアサシンを仕込めばもっと数多く殴れるけどな!!)

サンクの超越先ユニットをさんざん悩んだ挙げ句、レガリア!!!とした人は多いでしょう。それと同じく、大抵のクランが相手ならばデマゴーグ1枚で事足ります。デマゴーグの後にゲームは続きません。デマゴアサシンで相手を殺したか、逆に自分が処刑されるかのどちらかです。おい、フリーズレイ、その呪縛をやめろ

何度も言いますが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界です。なので、デッキ枚数が最も多い初回超越時にデマゴーグを選択しなかったならば、それ以降においてデマゴーグを超越先として選択する事は滅多にありません。ですから、デマゴーグは1枚です。

 

・殲滅の翼 ブレイドウイング・ティボールド

山札をリフレッシュします。最悪の場合、初回超越でデッキ残り枚数を5~6枚などにしかねないデマゴアサシンのコンボを前面に押し出せるのはこのカードのお陰です。因みに、ソウルが15枚に満たなくとも、サリヴァンからサリヴァンに再ライドして登場時効果を使えば最大で4枚ソウルが増えて無理矢理ティボールドアサシンのコンボに繋げる事ができます。4枚あればライブラリアウトで勝利を狙うルートを選択できるようになるので4枚あると気分が良いです。

 

・忌まわしき者 ジル・ド・レイ

リンクジョーカー相手に必要過ぎますね、4枚です。リンクジョーカー以外が相手であればGアシストのコストになります。

 

・罪深き者 シャルハロート

エニグマティック・アサシンとの併用が強いです。連続攻撃を行う為に隣に出したアサシンをすぐソウルにしまえる上、山札を削ることなく冒涜的な枚数のソウルを増やすのでとてつもなく便利です。更に、リンクジョーカーやノキエルを相手にした際は、クロノスコマンドレヴォリューションのような働きをします。リアガードをソウルに送るのはコストではなく効果なのですが、どちらにせよヴェアティ―ゲルを吸い込むとCB1で1ドローが出来ます。テキストの見た目とは違って非常に小回りの利くカードなのですが、デッキ枚数の都合上、使えるのは1回が限度でしょう。2枚が欲しくなった事はあっても2枚目が無くて負けた試合は無いので、とりあえず1枚にしてあります。勿論、これからの環境によっては増えるかもしれませんが。

 

 

・エアーエレメント シブリーズ

どうしてもデマゴーグに乗せてくれない頑固なG2止め相手に、どうぞ。

モノクロームが居るのでCBは実質ノーコストです。ライブラリアンやオルドナンツのGBスキルを解禁してくれます。シブリーズが無くて涙目になっても手遅れですし、1枚採用ですね。

 

・夜陰の紳士 サン・ジェルマン

デッキ枚数を減らさない紳士。デッキアウトで死にたくないなら2枚。

 

・偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト

デッキ枚数を減らしちゃう悪女。ソウル不足で死にたくないなら3枚。

 

 

最後に

 

デマゴアサシンのコンボは特定のカードに頼っているのでダメージ落ちなどの影響を受けやすいですが、そのキル性能はブラスターサンクなどとは比べものになりません。それに、やる事はデマゴーグに乗ってひたすらソウルチャージするだけなのでジェネシスのループよりずっと簡単です。

何度も何度も繰り返しますが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界です。

 

ならば今こそ、山札という名の限界に挑みましょう。

 

 

気付いたらこれもう6000字超えているんですって、長文駄文で失礼致しました。

twitter.com