読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイデの雑メモ

Z/XやVGについて

ダークイレギュラーズ ~デマゴアサシン~

初めてのブログ投稿になります。よろしくです。

今回はヴェアティーゲル・イェーガーの追加により、環境に喰い込めるレベルのスペックを手にしたと個人的に思っているサリヴァン軸の紹介をしたいと思います。

ヴェアティーゲル・イェーガーが追加された後のサリヴァンは基本的に旧タイプの宝石サンクと似ています。(流石にベノン並みとは口が裂けても言えません…)

実際、僕も宝石サンクを扱っているような感覚で回しています。それぐらい今までのダークイレギュラーズとは違うという事です。どうぞ頭を空っぽにしてご一読下さい。

 

デッキ構築

 

G3

ブレイドウイング・サリヴァン 4

 

G2

ブレイドウイング・サイクス 4

デモンテッド・エクセキューショナー 4

フライング・ライブラリアン 4

 

G1

純愛のサキュバス 4

ヴェアティーゲル・イェーガー 4

ディメンジョン・クリーパー 3

貪欲のサキュバス 2

 

G0

エニグマティック・アサシン 4

 

FV

ヴェアフレーダー・オルドナンツ 1

 

トリガー各種

(☆)悪夢の国のダークナイト 4枚

(醒)悪夢の国のモノクローム 4

(醒)悪夢の国のダーククイーン 2

(引)ヒステリック・シャーリー 2

(治)悪夢の国のアリス 4

 

Gゾーン

大魔神 ソウルレス・デマゴーグ 1

殲滅の翼 ブレイドウイング・ティボールド 4

忌まわしき者 ジル・ド・レイ 4

罪深き者 シャルハロート 1

エアーエレメント シブリーズ 1

夜陰の紳士 サン・ジェルマン 2

偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト 3

 

偏ったグレード配分からも推測できるでしょうが、基本的に初回超越の対象として大魔神ソウルレス・デマゴーグを選択してメインフェイズ中に大量のソウルチャージを行い、それに伴って得られる“前列全てのユニットにパワーを付与する永続効果”とソウルに紛れ込んだエニグマティック・アサシンの“バトルフェイズ中に自身をスペリオルコールする自動効果”による非常に高火力な連続攻撃で殺します。なので、サリヴァンのシールド増強効果よりも登場時効果の方が重要です。

この俗に言うデマゴアサシンのコンボですが、これ自体はエニグマティック・アサシンが収録された勇輝剣爛環境から存在してはいました。

ただし、その頃のダークイレギュラーズではGBという制限があまりにも厳しく、初回超越に辿り着く前に殺されるか、辿り着いたとしても満足にソウルチャージもできない程に手札を消費させられていました。

 

しかし、PRカードという名の救済によってGBという足枷を取り払ったイミワカンナイ原始のテキストを持ったヴェアティーゲル・イェーガーとその仲間達が逆境の中で研ぎ澄まされた鋭き爪を挙げ、反逆の翼を翻します!!!

 

カード解説

 

グレード3

 

ブレイドウイング・サリヴァン

1つめの能力はソウルが15枚以上なら“自分のガーディアンのシールド+10000という永続効果”と“Vが攻撃されたバトルの終了時2枚ソウルブラストする自動効果”の2つの能力を得る永続効果。つまり、環境を統べるギアクロニクルとナイトローゼに対してほぼ無力って書いてあります。

しかし、お飾りのテキストというわけでは決して無く、パンチ回数の少ない相手ならばソウルのヴェアティーゲル・イェーガーやモノクロームなどのトリガーを吐いてティボールドで山を作り、相手のデッキが無くなるまでマウントを取り続ける事も可能です。ティボールドを使っていれば守護者である貪欲のサキュバスをひたすら使い回す事もできるのでファンサービスしている気分になれます。いい加減沈めよッ!!沈めぇッ!!!

 

2つめの能力はV登場時、リアガードを1枚選択し、同名のカードを3枚までデッキから捜してソウルに吸い込める自動効果。

ヴェアティーゲルを選択してもディメンジョン・クリーパーを選択してもエニグマティック・アサシンを選択しても嬉しい事が起きるって書いてありますね。

このカードがあるのでヴェアティーゲル・イェーガーは手札に温存しておくよりも、盤面に叩き付けて2ドローでも3ドローでもしていた方が圧倒的に強い場合が多いですね。彼が居ないと始まりません。4枚です。

 

※宝石サンクにギャランティ入れていた人は5枚目以降のサリヴァンとしてブレイドウイング・レジーを入れても良いのでしょう()

 

グレード2

 

ブレイドウイング・サイクス

Vに乗ってもRに出しても強いカード、デマゴーグに超越したターンにひたすらソウルチャージして、ソウルに紛れ込んだサイクスとクリーパーを吐いて再びソウルチャージができます。超越後に手札に来てもソウルチャージができるのでいつ引いても嬉しいですね。4枚です。

 

…余談ですが、よく見なくてもコイツ、GBという制限の無い原始のテキストをしていますね。大量のソウルチャージはデッキ枚数を削ってしまうので基本的には超越後に起動しますが、しつこいG2止めをする相手を見たら思い出しても良いでしょう。

 

・デモンテッド・エクセキューショナー

1つめの能力は深闇制限にターン1回の制限付きですが、CB1をコストにソウル6枚以上で自身のパワー+2000、更にソウル10枚以上なら自身のパワー+3000する起動効果。

2つめの能力はR登場時、デッキトップ7枚から深闇能力持ちのカードを1枚選びソウルインする自動効果。

つまり登場時に不確定ではありますがヴェアティーゲル・イェーガーをソウルに入れる事で間接的に1ドローできるという不思議なテキストをしています。宝石騎士そーどみーかよ

ソウルが10枚溜まってもなおG2止めを続けるようならば、ちゃっかり原始のテキストをしているお茶目なアサシンと一緒に相手を殴り殺すって書いてありますね。

終盤ではデッキが7枚以下になってもまだデッキ内に引きこもっているアサシンをお迎えに行きましょう。いつ引いても嬉しすぎるので4枚確定ですね。

 

※登場時効果で7枚見たとき、ヴェアティーゲル・イェーガーとエニグマティック・アサシン、どちらをソウル送りにした方が良いかは手札とダメージの状況によります。

 

・フライング・ライブラリアン

やはり比較対象として愛着のサキュバスが出てきますね、ドローの質を考えると甲乙つけがたいのでは?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、せっかくデッキに待機しているアサシンくんをドローで無駄にしたくはないのでこちらです。バトル中に手札をソウルに送れるスリーイン・ザ・ダークの枠を作れるのであれば愛着でも良いかも知れませんが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界であり、ソウルチャージを行えば行うほどデマゴーグはより多くの永続効果を得て、更にアサシンの連続攻撃回数にも期待出来る様になるのでデッキのカードをドローして棄てる事になる愛着やスリーイン・ザ・ダークはあまり入れたくないです。ドローして棄てるぐらいならば初めから全部ソウル送りです。

つまり、このカードはドローするカードではありません。手札を減らさず2回ものソウルチャージを行うカードです。なにこのソウルチャージジャンキー。

…などと意味不明な供述をしており、4枚採用です。

 

グレード1

 

・純愛のサキュバス

シシルス互換、超越コスト。こいつが居れば気前よくヴェアティーグルを投げ捨てられる。

ソウルチャージを行うワケでもないので、4枚確実に必要!!というほどではありません。いわゆる自由枠です。減らすとしたらこの枠でしょう。

代わりに入れるカードとしてはブレイドウイング・レジー、トラジック・クロー、愛着のサキュバス、スリーイン・ザ・ダークなどが挙げられるでしょう。

僕は気前よくヴェアティーゲルを投げたいので一応4枚入れています。

 

・ヴェアティーゲル・イェーガー

なんかGB付いてない古代神官文字で書かれている筈なのに滅茶苦茶強い事しか書かれてないイミワカンナイ子ですね。どうやら3種類の効果が書いてあるようです。ラーの翼神竜かよ。

1つめの能力はCB1と手札一枚で追加ソウルチャージを行い、手札に加わる起動効果。モノクロームを持っていれば実質ノーコストですね。

この謎テキストのお陰で、モノクロームが有る限りソウルのヴェアティーゲルは全てディメンジョン・クリーパー化するんですって。デマゴーグにいったい幾つの永続能力を与えれば気が済むんだろうね。

 

2つめの能力はソウルの深闇能力持ち2枚以上で超越コスト化する永続効果。

サリヴァンの効果でアサシンを選択すれば満たせそうですね。サリヴァンの効果で本当に選択したいのは紛れもなくヴェアティーゲルなのだがなッ!!

 

3つめの能力は自分のターン中、カードの効果やコストでソウルに置かれた時にCB1を払い、1ドローする自動能力。サリヴァンの登場時能力で選ばれし者になります。G0にはアサシンが居るのでカリブムも怖くありません。アサシンにカリブム撃たれた?あぁ、そうか…涙ふけよ

ソウルチャージする時にはデッキにヴェアティーゲルが何枚残っているかを考えながらCB管理していかないと、CBコストが不足してしまい、せっかくのドローチャンスを棒に振る事になります。このデッキで唯一頭を使う所ですね。

 

・ディメンジョン・クリーパー

基本的な運用はサイクスと同じです。ただ、此方は超越後に手札に来ても全然嬉しくないですし、サリヴァンの登場時能力の対象としてではなく基本的にライドに使って構わないカードなので3枚に減らしています。正直に言って4枚でも良いと思います。

 

・貪欲のサキュバス

ソウルから回収できるらしいです。ティボールドと併用すればヴェアティーゲルと同じく、デッキ→ソウル→手札→ドロップ→デッキ→ソウル→…という謎の輪廻転生を果たします。

ただ、ソウルチャージをしてくれる訳では無いので2枚で十分です。必要になる前に殺せば守護者なんて要りません。ラウニマルユッカが相手の時はどうせ必死にソウルチャージする羽目になるので2枚でもソウルに入りますし、関係ないですね(棒)

余談ですが、例えばソウルが18枚だった時、貪欲が効果を使用しソウルが17枚になってもサリヴァンのシールド増強が有効なバトル回数に違いはありません。次のターンまで生き残る為にソウルを減らしても問題は無いのです。

 

グレード0

 

エニグマティック・アサシン

ダクイレ唯一の連続攻撃マン。大量のソウルが在る事を要求しているので気付きにくいですが、実はコイツも原始のテキストをしています。デマゴーグがサンクの倍近いパワーパンプをしながら7回も殴れるようになったのはひとえにこの子のお陰です。デマゴアサシンのコンボだけでなくジル・ド・レイの後ろだったり、罪深き者シャルハロートの隣に出て殴った後に再び吸い込まれたりと、ティボールドで輪廻転生しながら無駄に活躍します。デマゴアサシンのコンボが凶悪なので4枚あると楽しいです。採用理由:楽しいから

 

※ソウル枚数が15枚ピッタリの時に効果でソウルからスペリオルコールすると効果解決時にはソウルが14枚になってしまうのでパワーは+5000しか付きません。しかし、ソウルが10枚ピッタリの場合に効果でスペリオルコールした場合はパワーに+5000が付きます。

 

 

FV

 

ヴェアフレーダー・オルドナンツ

デマゴーグに永続能力を3つ与える起動効果を持っています。なので、彼が生存している限り希望はあります。だからカリブムはやめろ。

 

トリガーユニット

 

・悪夢の国のダークナイト

ジル・ド・レイやG4シャルハロートをプレイした時に捲れると強いですね。デマゴアサシンのコンボを行ったターンでもサンクと同様の殴り方をする事で相手の心臓に多大な負荷を与える事が出来ます。

 

・悪夢の国のダーククイーン

デマゴアサシンした時に条件を満たして山に戻すと気分が良さそうですね。以上

 

・悪夢の国のモノクローム

ダークイレギュラーズのアイドルです。彼女を使うタイミングがダークイレギュラーズの全てと言っても過言ではありません。強い事しか書かれていません。「この猫はつよい」って書いてあります。4枚以外あり得ません。

 

※ダメージが1枚でもあれば彼女を使って何度もCBを使う事ができます。彼女とヴェアティーゲル・イェーガーの存在によって、序盤に消費した手札を回復しつつソウルチャージを行う事ができます。彼女が居るからこそ手札が増やせるのです。デマゴアサシンのコンボによるキル率を上げたいならば、手札にあるカードは積極的に序盤から叩き付けてしまいましょう。

 

・ヒステリック・シャーリー

ドリーン・ザ・スラスターがダクイレヒロインの座を追われても、この子はヒロインであり続けるようですね。ソウルがあればシールド値が増えるので、効果を使った方がシールド値も高くなる場合が多いです。ついでにデマゴーグに永続能力を2つ与えます。やっぱりソウルチャージは最高だぜ。

 

・悪夢の国のアリス

ヒールトリガー、せっかくなので悪夢の国名称で揃えてみました。特に意味はありません。

 

 

Gゾーン

 

大魔神 ソウルレス・デマゴーグ

メインフェイズ中、カードがソウルに置かれた時、“あなたのターン中、あなたの前列全てのユニットのパワー+1000”という永続効果を得る自動効果。

つまるところ、この永続効果を20個ぐらい積み重ねてアサシンとスタンドトリガーを加味した最大9回の連続攻撃で相手を殺します。(アサシンをヘテロラウンドで戻してスリーイン・ザ・ダークをスペコしてまたアサシンを仕込めばもっと数多く殴れるけどな!!)

サンクの超越先ユニットをさんざん悩んだ挙げ句、レガリア!!!とした人は多いでしょう。それと同じく、大抵のクランが相手ならばデマゴーグ1枚で事足ります。デマゴーグの後にゲームは続きません。デマゴアサシンで相手を殺したか、逆に自分が処刑されるかのどちらかです。おい、フリーズレイ、その呪縛をやめろ

何度も言いますが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界です。なので、デッキ枚数が最も多い初回超越時にデマゴーグを選択しなかったならば、それ以降においてデマゴーグを超越先として選択する事は滅多にありません。ですから、デマゴーグは1枚です。

 

・殲滅の翼 ブレイドウイング・ティボールド

山札をリフレッシュします。最悪の場合、初回超越でデッキ残り枚数を5~6枚などにしかねないデマゴアサシンのコンボを前面に押し出せるのはこのカードのお陰です。因みに、ソウルが15枚に満たなくとも、サリヴァンからサリヴァンに再ライドして登場時効果を使えば最大で4枚ソウルが増えて無理矢理ティボールドアサシンのコンボに繋げる事ができます。4枚あればライブラリアウトで勝利を狙うルートを選択できるようになるので4枚あると気分が良いです。

 

・忌まわしき者 ジル・ド・レイ

リンクジョーカー相手に必要過ぎますね、4枚です。リンクジョーカー以外が相手であればGアシストのコストになります。

 

・罪深き者 シャルハロート

エニグマティック・アサシンとの併用が強いです。連続攻撃を行う為に隣に出したアサシンをすぐソウルにしまえる上、山札を削ることなく冒涜的な枚数のソウルを増やすのでとてつもなく便利です。更に、リンクジョーカーやノキエルを相手にした際は、クロノスコマンドレヴォリューションのような働きをします。リアガードをソウルに送るのはコストではなく効果なのですが、どちらにせよヴェアティ―ゲルを吸い込むとCB1で1ドローが出来ます。テキストの見た目とは違って非常に小回りの利くカードなのですが、デッキ枚数の都合上、使えるのは1回が限度でしょう。2枚が欲しくなった事はあっても2枚目が無くて負けた試合は無いので、とりあえず1枚にしてあります。勿論、これからの環境によっては増えるかもしれませんが。

 

 

・エアーエレメント シブリーズ

どうしてもデマゴーグに乗せてくれない頑固なG2止め相手に、どうぞ。

モノクロームが居るのでCBは実質ノーコストです。ライブラリアンやオルドナンツのGBスキルを解禁してくれます。シブリーズが無くて涙目になっても手遅れですし、1枚採用ですね。

 

・夜陰の紳士 サン・ジェルマン

デッキ枚数を減らさない紳士。デッキアウトで死にたくないなら2枚。

 

・偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト

デッキ枚数を減らしちゃう悪女。ソウル不足で死にたくないなら3枚。

 

 

最後に

 

デマゴアサシンのコンボは特定のカードに頼っているのでダメージ落ちなどの影響を受けやすいですが、そのキル性能はブラスターサンクなどとは比べものになりません。それに、やる事はデマゴーグに乗ってひたすらソウルチャージするだけなのでジェネシスのループよりずっと簡単です。

何度も何度も繰り返しますが、デッキはそのターンにソウルチャージできるカード枚数の限界です。

 

ならば今こそ、山札という名の限界に挑みましょう。

 

 

気付いたらこれもう6000字超えているんですって、長文駄文で失礼致しました。

twitter.com