ハイデの雑メモ

Z/XやVGについて

デマゴアサシン 補足編

日頃からデマゴアサシンしてラリっていらっしゃる†闇の眷属†の皆さんもそうでない皆さんもおはこんばんちわですね。

多分この奇怪なブログに足を踏み入れて下さっているという事はきっと恐らくもしかしたらおおよその場合において前回のサリヴァン軸を解説した謎のブログも読んで下さった酔狂な方なのでしょう。誠、恐悦至極に存じますデス、うへへ。

 

今回はサリヴァン軸の補足編(?)という事で前回紹介したサリヴァン軸のデッキ構築に辿り着くまでの間に採用候補として浮上していたいくつかの優秀な†闇の住人†達を紹介していきたいと思います。 

 

 

グレード3候補

 

ブレイドウイング・レジー

デマゴアサシンのコンボだけを見れば十分採用候補としてあり得るカードですね。

ただし、デマゴアサシンのコンボはほぼ必殺の一撃ですが成功率自体はさほど高くないですし、レジーがサブVとして採用されていると、その分ソウルチャージできるカードの枚数が少なくなりやすい場合が考えられたので、今回は採用には至りませんでした。勿論、後々の追加でレジーを併用しても問題無いほどの何らかの安定したソウルチャージ手段があれば十分に採用価値のあるカードとなるでしょう。

 

・グレンツェント・ヴァンピーア

2つあるテキストの内、上のテキストはほぼ“シブリーズ乗せてもターンの終了時にCC1できるよ!!”って書いてあるようなものですね、それ以外の状況だとその時点で敗色濃厚ですので。

肝心のデマゴアサシンのコンボに限って言えば、5枚目以降のデモンテッドとしての採用となるでしょう。デモンテッドとは違い、デッキ枚数が少なくなってきた時のデッキトップ操作もできますが、サリヴァン軸に深闇能力持ちのカードを多く採用する事は構築上難しいですし、何よりもブレイドウイング名称を持たないのでライドしてしまうとティボールドに超越しない限り、ソウルのサイクスが全て腐ってしまいます。そうなった時に台パンしても遅いので今回は採用を見送りました。ブレイドウイング・サイクスを採用しない、という場合にはお世話になる事でしょう。

 

・シュティル・ヴァンピーア

ガブラストだぁ!!やったぁ!!つおい♪つお~い♪

はい、茶番ですね。とは言ってもモノクロームが存在するのでダメージゾーンにカードが5枚あれば達成は簡単ですが、万が一ブレイドウイング名称に乗れば勝ちの場面でコイツを引いてしまいGアシストできなくなってから台パンしても手が痛くなるだけなので今回は採用を見送りました。

  

 

グレード2候補

 

・トラジック・クロー

はい、今回の主役ですね。同じ縦列に味方のユニットが登場した時、ソウルチャージ1を行う事が出来る自動能力と、深闇有効下で同じ縦列に味方のユニットが登場した時、ソウルが10枚以上ならブーストを得て、更にソウルが15枚以上ならばパワーを+2000できる自動能力の2つを持ちます。

ソウルチャージするドリーンとも言えるこの愉快痛快なテキストを持っているこのかぎ爪野郎様ですが、モノクロームと併用すればモノクロームが効果を発動する度に追加でソウルチャージを行う事ができます。更にパワーも増えます。そしてなんとついでにブーストする能力も得る事ができます。よりどりみどりですね。デマゴアサシンではソウルを積み重ねる為に何度も圧殺コールを行いますので、この追加ソウルチャージするテキストを馬鹿にはできません。トラジック・クローが1枚あれば簡単にデッキが無くなるという事も有り得ます。

ではなぜ採用しなかったのかというと、能力があまりにもピーキーすぎると判断したためです。そもそもデマゴアサシンのコンボでは、アサシンが3枚~4枚ソウルに入り、そしてデマゴーグの前列強化テキストが15個ほど積み重なれば、その時点でほぼ射程圏内に入ります(序盤からしっかり殴っていれば、ですが)。ヴァンガード6点与えれば勝ちのゲームですので7点も8点も与えるコンボを行うデッキを組む必要はありません。なのでソウルチャージの爆発量より、どこからでもソウルチャージという行為を行える安定性を重視した結果、採用を見送る事になりました。

いくらソウルチャージするドリーンと言えど、パワーを上げた所で1点は1点に変わりありません。そしてパンチ回数自体を増やせるのはスタンドトリガーとソウルのエニグマティック・アサシンだけです。

勿論、序盤から殴りに行きやすいグレード配分を維持したまま、ソウルチャージの安定性を保てる、という場合には十分採用候補になり得るカードに違いはありません。

 

※一応注意なのですが、深闇能力の方はそのターンでのライド以外での方法で1枚以上ソウルを増やしていなければ有効ではないので、1回目のソウルチャージを上のテキストで行った場合は下の深闇テキストは使えません。まぁテキスト内でもソウル10枚以上であったりソウル15枚以上であることを求められているのであまり気にしなくても良いでしょうけど

 

・愛着のサキュバス

あくまでデマゴアサシンのコンボを行う、という事に限って言うのならば5枚目以降のライブラリアンとしての運用となるでしょう。しかし、G2段階での殴り合いを恐れるならばライブラリアンの枠をこちらに変えていく、というのも1つの手ではあるかも知れません。

 

・スリーイン・ザ・ダーク

アタック時、手札1枚を捨てる事で2ドローし、手札から1枚をソウルインするカード。前回も書きましたが、山札を無駄に削ってしまう上、素のパワーが8000なので、現在は謹慎処分です。

 

・ダークソウル・コンダクター

ガーディアンサークルからドロップゾーンへ送られた時、2枚のソウルチャージを行うカードです。サリヴァンのシールド増強効果をインチキします。はい、活躍の機会は無いですね。思い浮かんでから2秒で採用候補から除外しました。

 

 

 グレード1候補

 

ブレイドウイング・ロドピス

やっている事自体はプチGアシストようなものです。サイクスへのライド率を高めてくれるのは弱くないのですが、名称持ちカードの少なさからくる不発はもちろん、事もあろうに山札を3枚も削ってしまうという赦されざる大罪を犯すので現在はアズカバン送りです。 

 

・ライトエレメンタル・サニー

ヴェアティーグルがドローしてくれるので、シールド値も無く、ソウルチャージすらしない輩に人権はありません。謹慎処分です。

 

ブレイドウイング・ティリット

山札を5枚も削る大罪人はアズカバン送りです。既にお墓も建てておきました。

  

・ドリーン・ザ・スラスター

かつてダクイレヒロインNo.1の座に君臨し続けた悪い女ですね。火力自体は申し分ないのですが、昨今の環境では除去が強く、完全ガードの回収も困難というわけでは無いため、何度も簡単に使い回せるエニグマティック・アサシンにダクイレ汎用フィニッシャーの座を譲ったと考えて良いでしょう。枠に空きがあれば1枚差しておいても良いかもしれませんが、その役目すらトラジック・クローというかぎ爪野郎に奪われそうです。とは言え、トラジック・クローはソウル15枚以上の状況で、同列に味方が登場した回数×2000しかパワーを増強できないのに対し、こちらはデッキ枚数×3000もパワーを増やす事ができますから、まだまだ現役なのでしょう。

 

 

では以上で採用通知を受け取れなかった方々の紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

twitter.com