ハイデの雑メモ

Z/XやVGについて

規制後のデマゴアサシンについて

あけましておめでとうございます。お久しぶりです。規制発表までやる事なさ過ぎてFGOで遊んでましたけれども…遂に規制発表されちゃいましたね。

それでは規制後のデマゴアサシンについてしこしこ書いていきたいと思います。

 

 

まず、デマゴアサシンのキルタイミングは初回超越時であり、これと同等の速度を安定して発揮できるデッキはデマゴアサシンの他には今のところサンクしか存在しません。

なので、規制前の環境においてデマゴアサシンの苦手とするデッキは以下の3種類が主でした。

① 初回超越というタイミング自体を無かった事にする七海ランナー

② デマゴアサシンよりもGB以前のカードパワーが高く危険なサンク

③ デマゴアサシンのコンボ自体をある程度は阻害可能なギアクロ

はい、これら3種類のデッキは今回の規制によって見事に全て撃沈しましたね。ではそれらのデッキの阿鼻叫喚の惨劇を見ていきましょう。

 

 

・ランナー

ナイトランナー1枚制限かつFV禁止。ランナーは死んだァ!!この人でなしィ!!

というわけで死体はまさしく死体になったようです。とはいえ、ちゃっぴーとかいう謎の生物が居たりなんかするので確実に死んだとは言い切れませんけどね。

 

・サンク

DAIGO竜1枚制限。

と言っても主な動きにさほどの変化は無いため、星で普通に攻め潰されるので依然として危険ではあります。ただ、今回の規制でGアシストからのサンクのCIPスキルによる間接的なトップドローの安定性が激減したので、平均的にみたデッキパワーは使い物にならないほどに落ちています。なので、更に構築面で尖らせたものが環境に這い上がってくるであろう可能性は否定しきれませんが、まぁ随分と大人しくなったと考えて良いでしょう。

 

・ギアクロ

ウルワタル制限で安定した手札洗浄ができなくなった歯車集団。

あくまでデマゴアサシンを扱う側にとって見れば、カリブム、ダーニッシュ、ラシナベル、クロノファングGなどと言った除去性能持ちのカードが一応生きているので、FVであるオルドナンツを簡単に飛ばされてソウルチャージの試行回数が格段に減少するため、手札にソウルチャージ要員を引き込む必要が有る事に変わりはなく依然としてストレスを抱えさせられてしまう状況に変わりはありません。ただ、これを解決できるカードを握っている場合には相手の除去がほぼ焼け石に水といった状態になるのでゲームエンドは目前ですね。

メラムヒストリーが元気にピンピンしているのも困りますが、ウルワタルの制限による影響は決して小さくないのできっとどうにかなるでしょう(笑)

ウルワタル抜いてギアキャット複数並べる?やめろヘテロやめろ()

 

 

 

 

 

上記のようにランナーサンクギアクロのデッキパワーがある程度抑えられた事で、デマゴアサシン以外にも多くのデッキに活躍の機会が与えられるようになると予想出来ます。

というわけで規制後環境において、個人的に「これからの活躍に期待できるかな~?」と思う面々を以下に列挙していきます。

 

・ネオネク

非常に高い防御性能とストロングパワーを両立したデッキ。

超パワーにドロー効果を乗せてみたり、相手ターン中に何故かVのパワーを上げてみたり、ノエルという名の最終兵器を叩き付けてみたりなど、デッキパワーとしては十分に高く、既に環境に躍り出てくるだけのポテンシャルは持ち合わせています。

 

・ノキエル

ブロークンハートによる非常に高い防御性能と救援コンボによる連パンを両立したデッキ。

その性能についてはいわずもがなですね。

 

・アルトマイル

基本的なキルタイミングは天元超克やブレイブランサーが中心になりますが、初回超越をキルタイミングに設定し、前のめりな運用をする事も可能です。

 

・デマゴアサシン

サンクとランナーの規制によって実質的に環境最速となったであろうコンボデッキです。コンボの決まり具合によっては初回超越でノキエルやネオネクなどの防御性能すら軽く踏み越えて6点叩き込む事ができます。

 

 

 

ここまでかなりテキトーに書いてきましたが、

現在の環境では上記に加え、ナイトローゼやジェネシスなど、様々なデッキがありますね。しかし、その全てを“相手が動き始める前にKOできてしまう”可能性を持ったデッキが何故か存在します。バグですね。

今回の規制によってデマゴアサシンのコンボ始動までの間を妨害できるデッキはごくごく僅かに絞られてしまいました。なので†闇の眷属†の皆さん、もうやりたい放題ソウルチャージして初回超越でゲームを終わらせちゃいましょう。世はまさに大暗黒時代です。それではミラー戦、お待ちしております。

 

twitter.com